5月25日
発汗不足による体臭に気をつけよう

日ごろの発汗不足が、「体臭」の原因になることがあります。というのも、体温が上昇すると、血中のミネラルと水分が汗腺に送り込まれますが、この時、ミネラルは再び血液に吸収されます。汗腺がしっかり働いている人は、残った水分とわずかな塩分だけが汗になるため臭いません。問題なのは運動不足によって汗腺の働きが低下しているとき。汗腺の機能が落ちていると、ミネラルは血液に吸収されず、汗腺につまった老廃物と一緒に汗として流れ出ます。これが体臭の原因!!これから汗の季節到来!日ごろから必要な汗はかきましょうね。

前へ

バックナンバー

2009年5月

今日の健康ひとことりでは、手軽に役立つ健康情報を毎日お届けします。

「ひとことり」は、”ひとこと”と”小鳥(ことり)”をあわせて作ったことばです。
小鳥のさえずりには癒しの効果があります。