6月21日
ふくらはぎの疲労はマッサージでとろう

普段運動していないのに、突然走ったり、長時間歩き続けたりすると、ふくらはぎがパンパンになってしまいます。それは、ふくらはぎに乳酸が溜まっている証拠です。応急処置としては、ストレッチをしたり、氷で冷やしたりしますが、こむらがえりを起こすほどひどくないなら、湯船でゆっくり温めて、やさしくマッサージしましょう。また、ふくらはぎの最も太いところの真ん中にある“承筋(しょうきん)”というツボを押すのもおススメ。足の力を抜いて、両手でふくらはぎを包むようにして、ツボに両手の親指を重ねて、じわっと押します。明日に疲れを残さずにすみますよ。

前へ

バックナンバー

2009年6月

今日の健康ひとことりでは、手軽に役立つ健康情報を毎日お届けします。

「ひとことり」は、”ひとこと”と”小鳥(ことり)”をあわせて作ったことばです。
小鳥のさえずりには癒しの効果があります。