6月30日
腸内環境のためにオリゴ糖を摂ろう

オリゴ糖は、腸内の善玉菌といわれるビフィズス菌のエサ。腸内環境を良くするためにはオリゴ糖を摂って、ビフィズス菌を増やすことです。オリゴ糖入りのコーヒーやサプリなどもありますが、野菜にもオリゴ糖は含まれていますから、いろいろな種類の野菜をバランスよく摂ることは、腸のためにもなるのです。特に玉ねぎやゴボウには、比較的多く含まれていますから、積極的に食生活に取り入れたいものです。

前へ

バックナンバー

2009年6月

今日の健康ひとことりでは、手軽に役立つ健康情報を毎日お届けします。

「ひとことり」は、”ひとこと”と”小鳥(ことり)”をあわせて作ったことばです。
小鳥のさえずりには癒しの効果があります。