8月21日
お腹をさすって、腸管の血流をよくしよう

腸は筋肉が袋状になった臓器ですから、長時間体を動かさずにいると、腸壁の血液循環が悪くなり、ぜん動運動も鈍くなってしまうのです。ですから、同じ姿勢でいる時間が長い方は、時々体を動かし、さらに優しくお腹をさすってあげましょう。少しずつ筋肉をゆるめていくことで、腸の動きもスムーズになっていきますよ。

前へ

バックナンバー

2009年8月

今日の健康ひとことりでは、手軽に役立つ健康情報を毎日お届けします。

「ひとことり」は、”ひとこと”と”小鳥(ことり)”をあわせて作ったことばです。
小鳥のさえずりには癒しの効果があります。