9月15日
玉ねぎを食べて血液をサラサラにしよう

生の「玉ねぎ」には刺激的な香りや辛味があり、切ったときに涙を誘われます。これは「酸化アリル」という成分が原因で、この成分には、新陳代謝を促して血液をサラサラにしてくれる働きがあります。また、体を温めてくれる性質がありますから、夏場に冷たいものばかり飲んでしまったり、冷房で冷えたときに是非摂取してほしい野菜です。ただ、「酸化アリル」は熱に弱いですので、生でも料理に活用していきましょう!

前へ

バックナンバー

2009年9月

今日の健康ひとことりでは、手軽に役立つ健康情報を毎日お届けします。

「ひとことり」は、”ひとこと”と”小鳥(ことり)”をあわせて作ったことばです。
小鳥のさえずりには癒しの効果があります。