9月27日
胃腸の働きを助けるサトイモを食べてみよう

サトイモは、東洋医学的に「胃腸」の働きを高めるとされています。ネバネバ成分が胃腸の粘膜を潤して、胃腸を保護し、タンパク質の消化と吸収を高めるのです。また、生のサトイモには毒素があります。煮ると無くなるので、煮て食べましょう。ただし、食べ過ぎると腸にガスが溜まって、お腹が張りやすいので、特に胃腸の弱い方は食べ過ぎには注意してくださいね。

前へ

バックナンバー

2009年9月

今日の健康ひとことりでは、手軽に役立つ健康情報を毎日お届けします。

「ひとことり」は、”ひとこと”と”小鳥(ことり)”をあわせて作ったことばです。
小鳥のさえずりには癒しの効果があります。