10月4日
寝ている時は自由に動いて骨盤をケアしよう

骨盤のゆがみは、健康にも美容にもよくないですよね。そこで、毎日向きを変えて寝てみましょう。同じ方向ばかり向いていると、骨盤がゆがんだまま固まってしまいます。どちらか向いて寝る癖がついているという方は、わざとその逆を向いて寝ることで、骨盤のゆがみを予防できます。また、「楽動の法則」といって、寝ている時に自由に動くことで、体のゆがみをとりやすくする療法もあります。寝相が悪いぐらいのほうが、深い呼吸でぐっすり眠れるそうですよ。

前へ

バックナンバー

2009年10月

今日の健康ひとことりでは、手軽に役立つ健康情報を毎日お届けします。

「ひとことり」は、”ひとこと”と”小鳥(ことり)”をあわせて作ったことばです。
小鳥のさえずりには癒しの効果があります。