11月2日
キャベツのイソチオシアネートに注目しよう

キャベツをしっかりよく噛んで食べると、ガンを抑制させるといわれる「イソチオシアネート」をより多く体内に摂り入れることができます。この成分は、噛み砕くことで、野菜の細胞の中にある「酵素」によって分解されて放出されます。ですから、ガン抑制効果をアップさせるには、よく噛むことが重要!今まで何気なく食べていたキャベツも、よく噛むことで「がん予防」につなげていくことができます。

前へ

バックナンバー

2009年11月

今日の健康ひとことりでは、手軽に役立つ健康情報を毎日お届けします。

「ひとことり」は、”ひとこと”と”小鳥(ことり)”をあわせて作ったことばです。
小鳥のさえずりには癒しの効果があります。