12月21日
ジャガイモの保存方法を理解しよう

ジャガイモはビタミンCなど、栄養が豊富です。ただ、保存するときに日光にあたると光合成で芽が出やすくなります。また、冷蔵庫の中では、低温で乾燥しているために水分が抜けてシワシワになってきますので、味や鮮度も落ちてしまいます。ですから、ジャガイモの保存は、風通しのよい日陰がベスト。それなら収穫してから3カ月ぐらいは萌芽しません。風通しの良い場所がなかなかないということでしたら、りんごと一緒に袋に入れて冷蔵庫で保存する方法を。リンゴのエチレンガスの作用で、芽が出るのを防ぐことができます。

前へ

バックナンバー

2009年12月

今日の健康ひとことりでは、手軽に役立つ健康情報を毎日お届けします。

「ひとことり」は、”ひとこと”と”小鳥(ことり)”をあわせて作ったことばです。
小鳥のさえずりには癒しの効果があります。