1月20日
酒かすを活用して、顔パックをつくろう

寒さと乾燥が強くなり、お肌に潤いがなくなる時期です。食材として使う酒粕ですが、それを使って、自宅でも簡単に肌の潤いを保てる方法があります。それは「酒粕パック」!酒粕を純米酒でやわらかくなるまで溶き、マヨネーズぐらいの固さにします。それを顔全体に塗り、10分ぐらいしたらぬるま湯で洗い流す。これを定期的に行うと、しっとりスベスベ肌に近づきます!

前へ

バックナンバー

2010年1月

今日の健康ひとことりでは、手軽に役立つ健康情報を毎日お届けします。

「ひとことり」は、”ひとこと”と”小鳥(ことり)”をあわせて作ったことばです。
小鳥のさえずりには癒しの効果があります。