1月27日
ウォーキングの速度を意識してみよう

ウォーキングは、歩く速度によって消費するカロリーが大きく違います。健康効果を望む場合には、最大心拍数の60%くらいの脈拍数で歩くのが理想だといわれています。これを速度になおすと、およそ「時速6km」のスピード。人間が普通に歩く速度は時速4km程度といわれますから、かなり早足にしなければなりませんね。この速度で1日30分間歩くようにすると効果が出やすいといわれています。もし時間がない時は、「15分×2セット」でも効果はあります。毎日の生活の中で「歩く習慣」を上手にとりいれていきたいですね。

前へ

バックナンバー

2010年1月

今日の健康ひとことりでは、手軽に役立つ健康情報を毎日お届けします。

「ひとことり」は、”ひとこと”と”小鳥(ことり)”をあわせて作ったことばです。
小鳥のさえずりには癒しの効果があります。