1月28日
スイーツを食べる前にアーモンドを食べよう

アーモンドを食べてからの2〜3時間は、血糖値が安定することがわかっています。それはアーモンドに含まれている「良質なタンパク質」と「油」の働きです。日常生活で血糖が上昇しやすいタイミングは、「スイーツ」などの甘いものを食べた後ですから、ぜひスイーツを食べる前に、アーモンドを5粒ほど食べてみましょう。血糖値の上昇をゆるやかにするだけでなく、繊維質がカロリーの吸収を抑えて、体内の脂肪燃焼も促してくれますよ。

前へ

バックナンバー

2010年1月

今日の健康ひとことりでは、手軽に役立つ健康情報を毎日お届けします。

「ひとことり」は、”ひとこと”と”小鳥(ことり)”をあわせて作ったことばです。
小鳥のさえずりには癒しの効果があります。