2月14日
ニンニクの抗がん作用に注目しよう

ニンニクの生産地に住んでいる人は、ニンニクをより多く食べる習慣があり、胃ガンの発生率が極めて低いという報告があります。毎日5gを生で食べていると、ガンの誘発物質である「ニトロソアミン」の合成を抑えるといわれ、ニンニクに秘められた「ガン予防効果」が期待されています。料理の隠し味に上手にニンニクを活用すると、体力がつくだけではなく、病気の予防にもつながるのです。

前へ

バックナンバー

2010年2月

今日の健康ひとことりでは、手軽に役立つ健康情報を毎日お届けします。

「ひとことり」は、”ひとこと”と”小鳥(ことり)”をあわせて作ったことばです。
小鳥のさえずりには癒しの効果があります。