3月1日
味覚を取り戻して、ダイエットしよう

日常的に甘いものや揚げ物など「太りやすい食物」を過剰に食べていると、味覚の感受性が鈍くなるそうです。特に「苦さ」「渋さ」への感度が低くなり、おいしさを十分に感じることができなくなるのだとか。そうならないために、「渋み」や「苦味」のある食べ物をできるだけ食べるようにしましょう。味わって食べているうちに、少しずつ渋みや苦味がわかるようになって、脂っこいものや甘すぎるものを食べたいと思わなくなるそうですよ。味覚が取り戻せるうえに、ダイエットできるなんて、一石二鳥ですね。

前へ

バックナンバー

2010年3月

今日の健康ひとことりでは、手軽に役立つ健康情報を毎日お届けします。

「ひとことり」は、”ひとこと”と”小鳥(ことり)”をあわせて作ったことばです。
小鳥のさえずりには癒しの効果があります。