3月19日
日本と海外の浣腸について違いを知ろう

日本の市販の浣腸は、小さな丸形に細い注入口がちょっと出ている形状がほとんどですよね。しかし、アメリカの浣腸は「大きなボトル」のような形をしていて、日本とはサイズが大きく異なっています。そして主成分も、日本は「グリセリン」が多く配合されているのに対し、アメリカは「リン酸ナトリウム」が主に使われています。中国では、濃度の高い「食塩水」を使うなど国によって浣腸のスタイルに違いがあるようです。

前へ

バックナンバー

2010年3月

今日の健康ひとことりでは、手軽に役立つ健康情報を毎日お届けします。

「ひとことり」は、”ひとこと”と”小鳥(ことり)”をあわせて作ったことばです。
小鳥のさえずりには癒しの効果があります。