5月8日
ストレスによる腸内環境の悪化を止めよう

仕事や家事、人間関係やお金など、生活にはストレスがいっぱい。しかし、ストレスをそのまま持ち続けてしまうと、自律神経の中枢に影響して、腸内環境が悪くなります。長引けば長引くほど、腸内の悪玉菌は増えていきますから、免疫力の低下につながります。運動をしたり趣味を楽しんだりと、ストレスを溜め込む前に発散をするようにしましょう。それが腸をキレイにするためのコツでもあります。

前へ

バックナンバー

2010年5月

今日の健康ひとことりでは、手軽に役立つ健康情報を毎日お届けします。

「ひとことり」は、”ひとこと”と”小鳥(ことり)”をあわせて作ったことばです。
小鳥のさえずりには癒しの効果があります。