5月10日
にんにくは過剰な加熱をしないようにしよう

にんにくは加熱をしても薬効成分を摂取することができますが、あまり長い時間加熱するのはやめましょう。というのも、にんにくの主な薬効成分は「アリシン」というにおい成分ですが、においがなくなってしまうほど加熱すれば、それだけ分解も進みます。過剰な加熱が薬効を減少させてしまう恐れがあるのです。にんにくを使う際は、加熱の時間を注意しながら調理しましょう。

前へ

バックナンバー

2010年5月

今日の健康ひとことりでは、手軽に役立つ健康情報を毎日お届けします。

「ひとことり」は、”ひとこと”と”小鳥(ことり)”をあわせて作ったことばです。
小鳥のさえずりには癒しの効果があります。