6月12日
過活動膀胱の対策について理解しよう

膀胱に十分な尿が溜まらないうちから、活発に膀胱が動いてしまう体質を「過活動膀胱」といいます。突然尿がしたくなって、排尿回数が増えてしまったりします。対策としては、膣や肛門をキュッと締めたり、ゆるめたりを繰り返す「骨盤底筋体操」を日々取り入れること。そしてもう一つ、トイレに行きたくなったら5分ぐらい我慢し、少しずつ「我慢できる時間」を長くしていくことです。この2つを同時に進めていくことで過活動膀胱を正常に戻していきましょう。

前へ

バックナンバー

2010年6月

今日の健康ひとことりでは、手軽に役立つ健康情報を毎日お届けします。

「ひとことり」は、”ひとこと”と”小鳥(ことり)”をあわせて作ったことばです。
小鳥のさえずりには癒しの効果があります。