6月24日
卵巣嚢腫のサインを、ウエストで見分けよう

卵巣嚢腫(らんそうのうしゅ)は、がんと違い「良性」の腫瘍です。しかし、ひどくなると吐き気や出血を伴い、放置しておくと緊急手術が必要になることも。自覚症状がないために気づきにくく、知らないうちに大きくなって、膀胱を圧迫して頻尿になったり、腸を圧迫して便秘になったりすることもあります。また、ウエスト周りが太くなったと思ったら、卵巣嚢腫だったということも。下腹部が圧迫されるような違和感があれば一度検査を受けましょう。5〜6cmならば摘出しますが、小さい場合は定期的に経過をみることになります。

前へ

バックナンバー

2010年6月

今日の健康ひとことりでは、手軽に役立つ健康情報を毎日お届けします。

「ひとことり」は、”ひとこと”と”小鳥(ことり)”をあわせて作ったことばです。
小鳥のさえずりには癒しの効果があります。