6月27日
お酒と一緒に水を摂って肥満対策をしよう

お酒は、飲みすぎると「利尿作用」によって体が脱水症状を起こしやすくなります。すると、水分が不足することで代謝力が落ち、脂肪が燃えにくくなります。お酒を頻繁に飲んでいる人に肥満が多いのは、それも原因の一つ。お酒を飲む機会の多い人は、飲みながらこまめに「常温の水」を補給することを忘れずに。さらに、最後に温かい味噌汁で締めれば、体が温まり代謝がアップ。しかも「大豆イソフラボン」が、太らない体質をサポートしてくれるでしょう。

前へ

バックナンバー

2010年6月

今日の健康ひとことりでは、手軽に役立つ健康情報を毎日お届けします。

「ひとことり」は、”ひとこと”と”小鳥(ことり)”をあわせて作ったことばです。
小鳥のさえずりには癒しの効果があります。