7月14日
トマトの抗酸化成分、リコピンに注目しよう

トマトといえば強い抗酸化作用をもつ「リコピン」が有名です。リコピンは、βカロテンよりもさらに強い抗酸化力を持ち、近年では抗がん作用にも注目されています。他にも「ピロリ菌」の増殖を抑制する作用もあることから、胃がん予防にも期待されています。リコピンは太陽に当たって熟すにつれて生成されますから、真っ赤に熟したトマトを選ぶとよいでしょう。

前へ

バックナンバー

2010年7月

今日の健康ひとことりでは、手軽に役立つ健康情報を毎日お届けします。

「ひとことり」は、”ひとこと”と”小鳥(ことり)”をあわせて作ったことばです。
小鳥のさえずりには癒しの効果があります。