7月25日
からしの薬効について理解しよう

からしは、いろいろな料理の調味料として重宝されていますが、古くからからしを湯で練って湿布すると「リウマチ」や「神経痛」、「肺炎」などに効くといわれ使われてきました。もちろん食べての薬効も多く、体内に蓄積した脂肪を熱に変えて、「肥満」を抑える作用も注目されています。また、「抗酸化作用」も期待できるので、毎日の食生活に少しずつ活用すると良いでしょう。一度の食事に小さじ1杯程度が適量です。

前へ

バックナンバー

2010年7月

今日の健康ひとことりでは、手軽に役立つ健康情報を毎日お届けします。

「ひとことり」は、”ひとこと”と”小鳥(ことり)”をあわせて作ったことばです。
小鳥のさえずりには癒しの効果があります。