7月30日
モモの性質を理解して食べよう

モモ(桃)は東洋医学的に「温性」で、カラダを温める働きを持っています。しかし、ブドウ糖、果糖などの糖分を多く含んでいるため、ホルモン剤を服用中の方には、糖尿病を誘発する恐れがあります。「アスピリン類」の薬物の吸収にも影響がありますので、食べすぎには注意が必要です。また、モモの種の中には、「シアン化物」という劇薬が少し含まれています。煎じると大部分が分解されますが、生で食べないよう注意してください。モモの性質を理解して、おいしく健康的に食べてくださいね。

前へ

バックナンバー

2010年7月

今日の健康ひとことりでは、手軽に役立つ健康情報を毎日お届けします。

「ひとことり」は、”ひとこと”と”小鳥(ことり)”をあわせて作ったことばです。
小鳥のさえずりには癒しの効果があります。