8月13日
ジャガイモとトマトで、内臓脂肪を燃やそう

ジャガイモ、トマト、ピーマン、リンゴ、さくらんぼ、キウイなどには、害虫から身を守るための成分として「オスモチン」が含まれています。この成分は、内臓脂肪や糖をエネルギーとして取り込む「ホルモン様物質」をたくさん作り出すので、内臓脂肪を減らしたいという方にはおススメ。しかし、果物には果糖が多いので、野菜のほうを多く摂るほうが効果的です。これらの野菜を食生活に上手に取り入れていきたいですね。

前へ

バックナンバー

2010年8月

今日の健康ひとことりでは、手軽に役立つ健康情報を毎日お届けします。

「ひとことり」は、”ひとこと”と”小鳥(ことり)”をあわせて作ったことばです。
小鳥のさえずりには癒しの効果があります。