8月20日
玉ねぎを使って、アンチエイジングしよう

玉ねぎには、フラボノイドの一種であるケルセチンをはじめ、セレン、グルタチオンなど、「抗酸化作用」のある成分がたっぷり含まれています。ですから、玉ねぎを食べると血液がサラサラになり、体内サイクルが良くなって、脂肪が燃えやすい体に変わります。また脂肪に蓄積しやすいとされる毒素を排出する「デトックス効果」も期待できます!若返りを目指すなら、玉ねぎを使ったスープや炒め物を楽しんでくださいね。

前へ

バックナンバー

2010年8月

今日の健康ひとことりでは、手軽に役立つ健康情報を毎日お届けします。

「ひとことり」は、”ひとこと”と”小鳥(ことり)”をあわせて作ったことばです。
小鳥のさえずりには癒しの効果があります。