9月4日
カラダの洗いすぎには注意しよう

カラダを洗うと皮脂が洗い流されるため、なくなった皮脂を補おうと分泌の働きが強くなります。そこでさらにゴシゴシ洗うと「男性ホルモン」が作用し、角質が硬くなります。そのために毛穴がつまりやすくなり、古い酸化した皮脂をためこんでしまいます。その古い皮脂が、ニオイの原因になることもあるのです。「体の洗いすぎ」に注意してください。

前へ

バックナンバー

2010年9月

今日の健康ひとことりでは、手軽に役立つ健康情報を毎日お届けします。

「ひとことり」は、”ひとこと”と”小鳥(ことり)”をあわせて作ったことばです。
小鳥のさえずりには癒しの効果があります。