9月19日
肥満対策のために、5時間以上睡眠をとろう

2万人以上の人に行った調査によると、睡眠時間が5時間未満の人は、5時間以上の人に比べて、1.4倍肥満になりやすいという報告があります。さらに1.3倍「高血糖」になりやすいという報告もあり、睡眠は健康にとても重要であると考えられます。眠ることは、自律神経のバランスを保つために必要不可欠です。成長ホルモンの分泌が減ったり、生体リズムが乱れることで、代謝機能がスムーズに行かなくなることもあります。内臓脂肪を増やさないために、睡眠をしっかり5時間以上とるように心がけましょう。

前へ

バックナンバー

2010年9月

今日の健康ひとことりでは、手軽に役立つ健康情報を毎日お届けします。

「ひとことり」は、”ひとこと”と”小鳥(ことり)”をあわせて作ったことばです。
小鳥のさえずりには癒しの効果があります。