9月29日
クズ湯を飲んで、風邪を追い払おう

葛(くず)は、東洋医学的に「寒気の邪気」を追い払い、体の陰を養うといわれるので、風邪をひいたり、微熱があったりする時に、とても良い食材です。葛の根は、葛根(かっこん)という有名な漢方薬で、夏から秋にかけて葛の根を掘り出して水で洗い、日干しをしたものです。くず粉は、この葛の根からデンプン成分を取り出したもので、風邪をひいたときには小さじ1杯ほど水に溶き、熱湯としょうがを加えて飲むと良いとされています。

前へ

バックナンバー

2010年9月

今日の健康ひとことりでは、手軽に役立つ健康情報を毎日お届けします。

「ひとことり」は、”ひとこと”と”小鳥(ことり)”をあわせて作ったことばです。
小鳥のさえずりには癒しの効果があります。