10月25日
おかわり前に、5分待ってみよう

早食い、大食いは体によくないとわかっていながら、なかなか習慣を変えられず、体重計に乗ったり、内臓脂肪が増えてから後悔するケースが多いようです。そんな方は、おかわりするのを5分だけ待ってみましょう。ちょっと箸をおいて、家族と話したり、残っているおかずを少しずつよく噛むのです。するとお腹がふくれてきて、おかわりしなくてもよいかな…と感じることも少なくありません。この簡単な方法で、食べ過ぎを予防してみてくださいね。

前へ

バックナンバー

2010年10月

今日の健康ひとことりでは、手軽に役立つ健康情報を毎日お届けします。

「ひとことり」は、”ひとこと”と”小鳥(ことり)”をあわせて作ったことばです。
小鳥のさえずりには癒しの効果があります。