11月8日
便がでないときには、温水シャワーを使おう

便意を感じてトイレに座り込んだけれども、出そうで出ない…ということはありませんか?そのような時には、ビデなどの「温水シャワー」を肛門に当ててみてください。その刺激がきっかけになって、排便がはじまることがあります。ただし、あまりにも強い勢いで当て続けると、肛門の粘膜を傷つけたり、かゆくなる場合がありますので、シャワーの強弱に注意しながら、「リズム」をつけて刺激してみましょう。

前へ

バックナンバー

2010年11月

今日の健康ひとことりでは、手軽に役立つ健康情報を毎日お届けします。

「ひとことり」は、”ひとこと”と”小鳥(ことり)”をあわせて作ったことばです。
小鳥のさえずりには癒しの効果があります。