11月19日
胃腸の弱い人は、リンゴの食べすぎに注意

リンゴは、東洋医学的に唾液の分泌を促進し、肺を養いながら機能を回復させる食材です。「潤いの性質」を持ち、微熱のある方には良い食材です。欧米でも「りんごが赤くなると医者が青くなる」ということわざがあるように、栄養面でも非常に優れています。ただ、毎日2個のリンゴを食べ続けると、胃腸が弱い人は、「リンゴ酸」などの刺激によって胃腸の粘膜を傷つける恐れがあります。リンゴの美味しい季節なので、1日1個を目安に食べましょう。

前へ

バックナンバー

2010年11月

今日の健康ひとことりでは、手軽に役立つ健康情報を毎日お届けします。

「ひとことり」は、”ひとこと”と”小鳥(ことり)”をあわせて作ったことばです。
小鳥のさえずりには癒しの効果があります。