11月20日
硬い食材は、よく噛んで免疫力をアップ

食事中によく噛むようにすると、気持ちがリラックスして免疫力がアップします。というのも、よく噛んで食べると唾液腺が刺激されて、唾液が出ますが、この唾液腺は副交感神経の通り道になっていて、よく噛んで食べると唾液腺を刺激して副交感神経が優位になるのです。それに、唾液をたくさん出すほど消化がよくなりますから、胃腸にもやさしいですよね。玄米や根菜類など、よく噛まなければならない「硬い食材」を上手に献立に取り入れて、食事に時はゆっくりよく噛んで、免疫力をアップさせましょう。

前へ

バックナンバー

2010年11月

今日の健康ひとことりでは、手軽に役立つ健康情報を毎日お届けします。

「ひとことり」は、”ひとこと”と”小鳥(ことり)”をあわせて作ったことばです。
小鳥のさえずりには癒しの効果があります。