12月14日
疲れたときには、エスニック料理を食べよう

東南アジアに代表される「エスニック料理」には、免疫力を高めてくれる様々なスパイスがたっぷり含まれています。トウガラシ、しょうが、ターメリック、にんにくなど、天然の生薬がたっぷりです。トウガラシに含まれている「カプサイシン」は、代謝を促進させたり、体温をあげて免疫力をアップさせてくれます。しょうがは、さまざまな漢方薬に使われているほどで、体を温めるなどたくさんの効果があります。ターメリックの黄色い色素である「クルクミン」は強い抗酸化作用があり、にんにくは体が温まり、強壮剤としても有名です。体力がなくなってきたり、疲れを感じるようになったら、スパイスたっぷりの料理を積極的に食べると良いでしょう。

前へ

バックナンバー

2010年12月

今日の健康ひとことりでは、手軽に役立つ健康情報を毎日お届けします。

「ひとことり」は、”ひとこと”と”小鳥(ことり)”をあわせて作ったことばです。
小鳥のさえずりには癒しの効果があります。