12月16日
漢方で体の中から疲労を回復しよう

漢方薬は、体の悪い部分をピンポイントで治す西洋薬と違い、体全体の流れを元々の状態に戻す作用をします。ですから、「疲れ」などの症状の場合も、漢方薬は体の新陳代謝を上げて、疲労を回復するエネルギーを生み出すようにしていきます。「冷え性」や「肩こり」などの症状でも、血液やリンパ液の流れがよくなるように、体質に合わせて薬が調合されます。興味のある方は、一度漢方の専門家に相談してみましょう。

前へ

バックナンバー

2010年12月

今日の健康ひとことりでは、手軽に役立つ健康情報を毎日お届けします。

「ひとことり」は、”ひとこと”と”小鳥(ことり)”をあわせて作ったことばです。
小鳥のさえずりには癒しの効果があります。