12月29日
タバコで活性酸素が増える理由を知ろう

免疫力を発揮するのに重要な役割を果たしている白血球のマクロファージは、異物をみればとにかく何でも食べて除去しようとする細胞です。タバコを吸う人は、体内に入ってきたタバコの成分を除去しようとマクロファージが働くのですが、そのときなどにたばこを吸わない人の「約4倍」の活性酸素を分泌するといわれます。活性酸素が増えると、カラダの細胞を傷つけてしまい「ガンの原因」にもつながります。タバコにはそのような危険があることを知っておいてくださいね。

前へ

バックナンバー

2010年12月

今日の健康ひとことりでは、手軽に役立つ健康情報を毎日お届けします。

「ひとことり」は、”ひとこと”と”小鳥(ことり)”をあわせて作ったことばです。
小鳥のさえずりには癒しの効果があります。