1月3日
臭いおならはカロリーの摂りすぎを疑おう

おならにも、「いいおなら」と「悪いおなら」があります。ご飯を食べるとき等に飲み込んだ空気は、それが「げっぷ」として排出されます。排出されなかった空気は腸の粘膜から「酸素」や「二酸化炭素」として吸収されて、血液へ運ばれます。残った空気のうちの「窒素(ちっそ)」は、おならとして排出されるのですが、この場合、通常はニオイも音もほとんどありません。これが「いいおなら」です。しかし、ニオイが強かったり、音が大きいおならは、自分の限界以上の量の「肉」や「卵」を食べて「アミノ酸」が異常発酵しているか、便秘で腐敗ガスがたまっているため。カロリーの摂りすぎや便秘に注意しましょう。

前へ

バックナンバー

2011年1月

今日の健康ひとことりでは、手軽に役立つ健康情報を毎日お届けします。

「ひとことり」は、”ひとこと”と”小鳥(ことり)”をあわせて作ったことばです。
小鳥のさえずりには癒しの効果があります。