1月17日
オリーブオイルの保存方法を知っておこう

オリーブオイルは、脂肪酸のうち約70%がコレステロールを下げる作用がある「オレイン酸」です。オレイン酸は酸化しにくい性質を持っていますが、オリーブオイルを保存するなら、日陰の温度変化の少ない場所が最適です。栓を開けない状態であれば、2〜3年は品質が変わることがないと言われます。透明感がなくなったり、粘り気が出ていたら、劣化しているサインです。ただし、温度が10℃以下になってしまうと、油が白くにごることがありますが、品質に影響はなく、常温でまた元の状態に戻ります。料理などでどんどん使用しましょう。

前へ

バックナンバー

2011年1月

今日の健康ひとことりでは、手軽に役立つ健康情報を毎日お届けします。

「ひとことり」は、”ひとこと”と”小鳥(ことり)”をあわせて作ったことばです。
小鳥のさえずりには癒しの効果があります。