2月21日
ファイトケミカルの働きを知ろう

ファイトケミカルの“ファイト”はFightではなくPhyto、英語では植物を表す接頭語です。植物が紫外線の害や虫などから自らを守るために作り出した物質で、「色素成分」「香り成分」「辛味成分」「苦味成分」「アク」などに含まれています。活性酸素から体を守ってくれる抗酸化作用や、免疫力を高める作用に大きな効果があると期待されていますので、植物の摂取を心がけていきたいですね。

前へ

バックナンバー

2011年2月

今日の健康ひとことりでは、手軽に役立つ健康情報を毎日お届けします。

「ひとことり」は、”ひとこと”と”小鳥(ことり)”をあわせて作ったことばです。
小鳥のさえずりには癒しの効果があります。