3月24日
女性特有のできものについて理解しよう

女性器の小陰唇に、何度も同じ「できもの」ができてしまうことがあります。この場合「毛のう炎」の可能性があります。これは性器周りに限らず、毛穴に起きる炎症で、かゆみや痛みはほとんどなく、抗菌剤を塗ると治ります。汗をかいた日はシャワーで流したり、天然素材の下着をはくようにすると良いでしょう。また「粉瘤(ふんりゅう)」というコブができている可能性もあります。これは皮膚の表の細胞が深く入り込んでできたもので、悪いものではありません。気になるなら切除することも可能です。婦人科や皮膚科に一度相談してみましょう。

前へ

バックナンバー

2011年3月

今日の健康ひとことりでは、手軽に役立つ健康情報を毎日お届けします。

「ひとことり」は、”ひとこと”と”小鳥(ことり)”をあわせて作ったことばです。
小鳥のさえずりには癒しの効果があります。