4月14日
吸気と呼気の中身の違いを知ろう

「息を吸ったとき(吸気)」と「息を吐いたとき(呼気)」には、窒素が78%含まれています。しかし、それ以外の成分に違いがあります。吸気は酸素が21%、二酸化炭素が0.03%であるに対して、呼気は、酸素が15%、二酸化炭素が1%となります。つまり、呼吸をするごとに約6%の酸素が、肺から血管を通って全身に運ばれ、健康を維持しているのですね。

前へ

バックナンバー

2011年4月

今日の健康ひとことりでは、手軽に役立つ健康情報を毎日お届けします。

「ひとことり」は、”ひとこと”と”小鳥(ことり)”をあわせて作ったことばです。
小鳥のさえずりには癒しの効果があります。