5月9日
味覚の感じ方について理解しよう

味覚の感じ方は、さまざまな条件に左右されます。例えば、食べ物は10〜40℃にして食べると最も味がわかりやすいと言われますが、甘味は温かいほうが感じやすいですし、辛味は温度が低いほうがより感じやすいのです。ですから、お味噌汁やスープを少しぬるいぐらいにすれば、塩分が少なめでも美味しくいただくことができます。減塩を考えている方は、参考にしてくださいね。

前へ

バックナンバー

2011年5月

今日の健康ひとことりでは、手軽に役立つ健康情報を毎日お届けします。

「ひとことり」は、”ひとこと”と”小鳥(ことり)”をあわせて作ったことばです。
小鳥のさえずりには癒しの効果があります。