5月27日
漢方薬の烏賊骨(うぞくこつ)を知ろう

ハリイカ、スミイカ、マイカなどの「コウイカ(甲烏賊)」は、関東より西で生息し、冬から春が旬。そのうちコウイカには、サーフボードのような形をした骨状の内殻を「烏賊骨(うぞくこつ)」といいます。これは漢方薬として重宝され、微温性で止血作用があることから、おりものを抑えたり、胃・十二指腸潰瘍の改善など広く使われます。

前へ

バックナンバー

2011年5月

今日の健康ひとことりでは、手軽に役立つ健康情報を毎日お届けします。

「ひとことり」は、”ひとこと”と”小鳥(ことり)”をあわせて作ったことばです。
小鳥のさえずりには癒しの効果があります。