6月11日
グリシンで睡眠のリズムを調整しよう

地球上でもっとも古いアミノ酸である「グリシン」は、脳の体内時計に作用して「睡眠のリズム」や「睡眠の質」を調整する働きがあります。特に、「皮付きの鮭」や「エビ」「しらす」「あじの干物」などに多く含まれています。睡眠のリズムが安定せず悩んでいる人は、これらの食材を積極的に食べて、グリシンを摂取しましょう。

前へ

バックナンバー

2011年6月

今日の健康ひとことりでは、手軽に役立つ健康情報を毎日お届けします。

「ひとことり」は、”ひとこと”と”小鳥(ことり)”をあわせて作ったことばです。
小鳥のさえずりには癒しの効果があります。