6月17日
高血圧治療によるカリウム不足に注意しよう

高血圧の治療に使われる薬の1つに、「利尿薬タイプ」があります。これは血圧を上げる原因となっている「ナトリウム」を尿と一緒に排泄させることで、血圧を一時的に下げる働きがあります。しかし、尿には「カリウム」や「マグネシウム」なども含まれているため、このタイプの薬を長期間にわたって服用していると、副作用として「カリウム不足」に陥ることがあります。血圧を下げるために利尿薬タイプを飲んでいる方は、血液中のカリウム量を、医療機関で定期的にチェックされることをおすすめします。

前へ

バックナンバー

2011年6月

今日の健康ひとことりでは、手軽に役立つ健康情報を毎日お届けします。

「ひとことり」は、”ひとこと”と”小鳥(ことり)”をあわせて作ったことばです。
小鳥のさえずりには癒しの効果があります。