6月21日
しっかり睡眠をとって、免疫力を高めよう

睡眠中には、成長ホルモンやプロラクチン、甲状腺刺激ホルモンなど、代謝や免疫に関係するホルモンがたくさん分泌されるそうです。私たちが眠っているときには「免疫系」の働きが活発に行われており、傷を修復したり、病原菌をやっつけたりしているのです。ですから、十分な睡眠をとらなければ、あらゆるホルモンの分泌が不足して、免疫力を下げてしまう恐れがあります。規則正しい生活を意識し、夜更かしには注意してくださいね。

前へ

バックナンバー

2011年6月

今日の健康ひとことりでは、手軽に役立つ健康情報を毎日お届けします。

「ひとことり」は、”ひとこと”と”小鳥(ことり)”をあわせて作ったことばです。
小鳥のさえずりには癒しの効果があります。