7月2日
貧血防止に、鉄分を摂取しよう

貧血の多くは、血液中の「鉄」不足。赤血球中のヘモグロビンは、鉄を含む赤い色素のヘムと、グロビンというたんぱく質からできています。そのうちのヘムは、酸素の運搬、酸素の貯蔵、細胞内での酸素の受け渡しなどを行っているため、「鉄」が不足すると、筋肉が酸素を受け取れる量が減ってしまい、貧血を起こしやすくなってしまうのです。運動をするとクラクラめまいがしたり、動悸などを起こすことがありますが、それは、酸素が必要なところに行き届かないためです。鉄分はミネラルのなかでも、日本人に不足しがちな栄養素。プルーン、レバー、緑黄色野菜などを摂り、十分に補給しましょう。

前へ

バックナンバー

2011年7月

今日の健康ひとことりでは、手軽に役立つ健康情報を毎日お届けします。

「ひとことり」は、”ひとこと”と”小鳥(ことり)”をあわせて作ったことばです。
小鳥のさえずりには癒しの効果があります。