7月10日
夏に梅干しの効果を活用しよう

梅は、東洋医学的に、体内に余分な熱がこもりやすい方や、血液がドロドロで高脂血症の方によいといわれています。また、梅干しには抗菌作用があるため、暑い時期のお弁当には必須。食欲増進にもなりますので、食欲不振を救ってくれる食品です。しかし、血行の悪い体質の方は、酸味は逆効果となってしまうことがあるため、食べ過ぎに注意してください。

前へ

バックナンバー

2011年7月

今日の健康ひとことりでは、手軽に役立つ健康情報を毎日お届けします。

「ひとことり」は、”ひとこと”と”小鳥(ことり)”をあわせて作ったことばです。
小鳥のさえずりには癒しの効果があります。