7月29日
裸で寝ても、涼しくならないと知っておこう

お腹などの体幹部分は、体温調節機能がないので、素っ裸で寝ても涼しくはなりません。むしろ冷やして「内臓の働き」を低下させてしまうことになります。熱を放出するのは、手足など「末端の働き」です。夏はサラリと体にまとわりつかない素材を着て、お腹部分が冷えないようにしながら寝るようにしましょう。

前へ

バックナンバー

2011年7月

今日の健康ひとことりでは、手軽に役立つ健康情報を毎日お届けします。

「ひとことり」は、”ひとこと”と”小鳥(ことり)”をあわせて作ったことばです。
小鳥のさえずりには癒しの効果があります。