8月6日
冷房で免疫力を下げすぎないようにしよう

人間は周囲の環境が暑くても寒くても、ほぼ36.5℃〜36.7℃に体温が保たれるようになっています。しかし近年では、平熱が36℃を下回るような「低体温体質」の人も少なくないのです。体温が下がると免疫力も下がります。冷房で体を冷やすし過ぎると、低体温状態と同じになってしまうので、体調を崩さないためにも、冷房の温度を高めにしましょう。

前へ

バックナンバー

2011年8月

今日の健康ひとことりでは、手軽に役立つ健康情報を毎日お届けします。

「ひとことり」は、”ひとこと”と”小鳥(ことり)”をあわせて作ったことばです。
小鳥のさえずりには癒しの効果があります。