8月9日
ウォーキングは空腹時がベストと知ろう

空腹で血糖値が下がっている時に歩くと、糖のかわりに脂肪がエネルギーとして使われるので、脂肪を効果的に燃やすことができます。つまり、お腹が空いている時がウォーキングのチャンスなのです。しかも大股、早足で歩けば、胃や腸に集まっていた血液が全身の骨格筋までめぐるので、空腹を感じにくくなります。食後に歩きたい場合は、食事をしてから2時間半以上たってからにするとよいでしょう。

前へ

バックナンバー

2011年8月

今日の健康ひとことりでは、手軽に役立つ健康情報を毎日お届けします。

「ひとことり」は、”ひとこと”と”小鳥(ことり)”をあわせて作ったことばです。
小鳥のさえずりには癒しの効果があります。